エントリー

制度・福利厚生

制度

職能資格制度
「社員一人ひとりが職務遂行力を開発し、その発揮度に応じた公正な処遇をしていく。」これが、鈴与商事における資格制度の基本的な考え方です。当社ではそのために、社員それぞれの職務遂行力に合わせて、仕事内容や報酬を対応させていくような教育の基盤整備に努めています。
業務目標制度
社員一人ひとりが設定した個人目標を達成するために、具体的な行動レベルでの方針策定を行う制度。個人の目標は上司との面談によって設定され、社員の“自らやる”“共にやる”という意識と活力を高めていきます。さらに目標を設定することで、上司の支援の下、重点的かつ効率的なOJTを実施することができます。
キャリア開発
面談制度
上司による面談を通じて、本人のキャリアデザインに関する志向を共有し、能力開発や自己啓発意欲の向上を図ります。また、長期的な視点で、個人の成長やキャリア開発について話し合うことで、将来像をイメージし人材育成につなげます。
自己申告制度
年に一度、すべての社員が自分の考えを直接、総務人事部長に申告できる制度です。働く上での悩みや問題、また日ごろの意見や要望を会社が聞き取り、より良い職場環境づくり、社員のモチベーション向上を目指しています。
コース転換制度
社員一人ひとりの価値観・職業観が多様化している昨今、鈴与商事でも人的資源をより有効に活かせるように、一般職から地域総合職および総合職、地域総合職から総合職へとコース転換することができます。
提案制度
若年層社員の意識向上や闊達な組織づくりを図るために、社員から新規事業の提案や営業・業務上の改善提案などをしやすい仕組みを整備。また、会社がそれらの提案を検討・具現化することにより、組織の活性化、社員一人ひとりの問題意識の向上を目指しています。
自己啓発支援制度
会社指定の通信教育講座を修了した場合、費用の半額を会社が負担する制度。対象となる講座は、ビジネススキルを養うものから、資格取得、語学、趣味の領域まで幅広く網羅しています。「自ら学習し、能力を向上させたい。」という社員の姿勢をバックアップします。
公的資格取得
支援制度
当社で定めた公的資格取得に関わる費用を会社が負担する制度です。自分の携わる事業に関連する資格はもちろん、それ以外の資格取得も推奨しています。また、難易度の高い資格を取得した際は、資格取得費用に加え、報奨金が支給される公的資格取得報奨制度もあります。
従業員表彰
社業発展に関する様々な功績、有益な業務改善や提案を行った方に対して、その成果を称えるため表彰を行います。結果に結びつかなかった案件であっても、優れた取り組みについては表彰されます。

福利厚生

くるみんマーク

  • ■全国に社宅(借り上げ含む)・寮を完備
  • ■各種社会保険完備、退職金、確定給付年金、確定拠出年金、財形貯蓄制度、慶弔見舞金、介護休業制度、育児休業制度
  • ■各種クラブ活動、各種保養施設 他
  • ■休日
    土・日・祝日・年末年始(2016年度実績122日)、夏期休暇、年次有給休暇(初年度10日、半日有休制度あり)、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、産前産後休暇、看護休暇、配偶者分娩時休暇、その他特別休暇