採用情報

長田 菜々美

化学品営業部 化成品営業課
2013年入社

山梨 雄哉

静岡支店 くらしサポート課
2009年入社

木村 謙吾

エネルギーシステム営業部
設備営業課
2004年入社

長嶋 敦史

浜松支店 くらしサポート課
1998年入社

長嶋 敦史 長嶋 敦史

マネージャーは
兄貴分になるな、
親分になれ。

長嶋 敦史

浜松支店 くらしサポート課 1998年入社

トップクラスの売上げを誇る支店を、まとめあげていく。

鈴与商事の柱となる事業の一つ、ガスエネルギー。その中でもトップクラスの売上げを誇る浜松支店で、マネージャーを担当しています。10名のメンバーをまとめあげ、利益をさらに拡大していくのが私のミッション。そのためには、これまでの営業手法では通用しないと考えています。特に対個人の営業は、ガスを起点として仕事を広げる営業スタイルにシフトしていく。お客さまとの商談を通して、ガスだけでなく、太陽光発電システムや住居リフォームなど、鈴与グループが扱う他の商材につなげることが大切です。浜松支店では現在、営業スキルを磨くためにメンバー同士のロールプレイングや定期的な研修を実施。さらに営業支援システムの活用で、メンバーの商談状況は報告・チェックできるので、商談が上手くいっていないメンバーにはこまめにアドバイスすることを心がけています。

先輩たちがつくった事業基盤を守り、発展させていく。

私はメンバーをマネジメントする上で、「兄貴分ではなく、親分になる。」という言葉を常に意識しています。これは、私が以前在籍していた豊橋支店の支店長から教えられた言葉。商談やお客さま対応の中には、自分で実施した方が早いことが数多くあります。しかし、それではメンバーが育ちません。兄貴のように何でも手伝うのではなく、対処方法のアドバイスだけをして、親分として遠くから見守ることも大事なんです。ガスエネルギーは、先輩たちから代々受け継がれてきた事業。私たちの世代はその基盤を守り、さらに発展させていくことが求められています。そんな伝統ある事業で、マネージャーという重要なポジションを任せられていることにプレッシャーはありますが、同時にやりがいも感じています。

長嶋 敦史

ENTRY